世界一の語学学校数を誇る国!カナダ!2

世界一の語学学校数を誇る国!カナダ!2

【カナダ語学学校の魅力!】

 

カナダは世界一語学学校が多い国と言われており、トロントやバンクーバーなどの大都市になるとその数はなんと100〜200校にもなります。
それだけのたくさんの学校があると、学校選びに迷ってしまうというデメリットもありますがそれ以上に、語学学校が多いため、学校同士が競い合い切磋琢磨し様々な新しいカリキュラムが開発されているのです。

 

他の国ではスピーキング、リスニング、ライティングなどの総合点を算出し、クラス分けをします。
なのでリスニングは良くできるのに、スピーキングはあまりできないといった、日本人の英語能力に対応しているクラス分けとは言えない部分が多いのです。

 

逆に、ヨーロピアンの方は日本とは逆でスピーキングはできるけど、リスニングができない人が多いです。
総合点でクラス分けをすると授業を進める上で、無理が出てきてしまうのです。

 

細かいクラス分けは語学学校のタスクが増えてしまうため実施している学校が少ないのが現状ですが、カナダでは他の学校と差別化するために多くの学校が取り入れています。
なので、無理なくレベルに合わせて学習することができるのです。
時間を無駄にせず、効率的な勉強をしたいという方にはカナダがお勧めです。

 

【カナダ英語の魅力と発音!】

 

留学先を選定するに当たって英語発音を重要視している方も多いと思います。
カナダの英語はアメリカ英語とイギリス英語の中間に位置すると言われていて、目立ったなまりや癖がなく聞き取りやすいです。
オーストラリアやニュージーランドのオセアニア地区では一般的になまりが強いと言われていて、独特の発音をするため、英語の初学者は苦労します。

 

その点カナダではイギリスからの移民が多いため、聞き取りやすい英語を皆さん話されます。
また、カナダには移民が多いという点で、アジア人も多く住んでおり、アジアなまりの英語を話す人もたびたび見かけますが、同じアジア人ということで発音が聞き取りやすく、スタンダードできれいな英語に触れ合える機会が最も多い国といえます。

 

【カナダ留学まとめ】

 

カナダは日本以上に平和であり、環境面でとても恵まれた環境にあります。
ワーキングホリデー制度もあり、働きながら現地に滞在できるため費用面、学習面の双方にとって最適な環境にあります。

 

また、アメリカにはビザの問題で長く滞在することが難しいので、カナダのワーキングホリデービザを取り、アメリカ国境近くに住み、アメリカに気軽に行けるようにしている方も大勢います。
カナダ留学ではアメリカにも遊びに行くことができるので、様々なエンターテイメントを楽しめ、なおかつ綺麗な英語を安全な環境で学習したいという方にお勧めな国です。

 

 


このページの先頭へ戻る