のんびり自然を満喫!ニュージーランド!

のんびり自然を満喫!ニュージーランド!

【のんびり大国!?】

 

ニュージーランドは、人口密度も低く、重工業がないため、大気の汚染もなくとても清潔な国なのです。
また、警察も銃を所持していない安全な街のため、学習環境は抜群です。
また、ニュージーランドには四季がおりなす山々や川、湖など美しい自然があります。

 

人口の何倍もいると言われる「羊」にも代表されるように、自然と共存した健康的な生活が魅力の国なのです。
ニュージーランドは国土のほとんどが温暖な気候、長い日照時間に恵まれ、はっきりとした四季がみられますので、
日本人にとってはとても過ごしやすくロングステイに向いている国です。

 

人口はおよそ410万人ほどしかおらず、国土は日本の3分の2程なので大きな混雑も無くゆったりと過ごすことができます。
この410万人というのは静岡県と同じくらいなので人口密度を考えると日本とは比べようにならないです。
日本に窮屈さを感じている方はニュージーランドはいかがでしょうか。

 

【ニュージーランドの英語事情】

 

ニュージーランド英語はKiwi Englishと呼ばれており、イギリスから来た英語なのでイギリス英語に非常に似ています。
また、英語だけに限らず生活文化や食文化などすべての分野においてイギリスの影響を受けている国でもあります。

 

また、先住民の言葉マオリ語はニュージーランドの公用語でもあるが、マオリ族の中でも約25%の人しかしゃべることができないので、ほとんどのマオリ族が英語を使っているというのが現状のようです。
なのでニュージーランドにいるほとんどの人が英語のネイティブスピーカーと言えるのです。
なのでアメリカのようにたくさんの国籍の方がいて、言語もたくさん飛び交っている環境ではないことがニュージーランドの強みと言えます。

 

ニュージーランドはなまりがあるので敬遠している人もいらっしゃるかと思いますが、TOEICテストなどでは様々なバックボーンを持ったスピーカーが出題を行うので、その「なまり」という部分に慣れているのは強みになります。

 

住んでいる人々がゆったりしているので、街中で話しかけても邪険に扱われることは少なく、積極的に話すことができる環境にあります。
街中で英語を話すことができるということは、生の英語に多く触れ合えるということなので最短での英語取得につながりやすくなります。

 

 


このページの先頭へ戻る